買取店に行く

以前では不要になったバイクを処分する際にはバイクの販売店に行くのが一般的でした。しかし最近ではバイクを専門で買取しているお店が登場してきており、多くの方が利用をしています。

バイクの買取専門店は2種類に分類されます。まず地域密着型の買取専門店があります。このタイプでは買い取ったバイクはオークションに出されるのが一般的です。そのため査定額はオークション相場程度となっており、それ以上の金額で提示することは難しいと言えます。人によっては査定額がとても安く感じられる方もいるものです。これに対して全国対応の買取専門店は買い取ったバイクをいろんなところに売却していきます。そのため査定額は他の方法に比べて高くなります。住んでいる地域でバイクの買取をしているお店が少ない、また査定をしてもらったがその金額に満足できなかったという場合にはオンライン査定をしてもらうといいでしょう。

総合的な点で見ると全国対応の買取専門店で査定をしてもらう方法が最もお得になります。ただ全国対応の買取専門店はバイクを持っていかなければならないと思われています。最近ではオンライン査定などを行っており、どんな場所に住んでいても問題なく査定を依頼することができます。