販売店に行く

バイクが不要になったので処分したいという場合には買取を行っているお店に行く方法が一般的となっています。この方法では全国を対象にしている販売店と地域密着型の販売店があります。

全国を対象としている販売店では店頭販売をするために買取を主に行っています。そのため店頭で販売する際の金額を考慮に入れて査定を行います。そのため比較的高額で査定を行ってくれます。また地域密着型の販売店では、その地域に住んでいる方が主に購入に来るお店となっています。地域密着型では買い取ったバイクを店頭販売します。そのため販売価格を考慮に入れて買取価格を決めていきます。この点では全国対応のお店とは同じになります。しかし車種によっては得意なものと不得意なものがあり、価格で満足できないことがあります。

販売店で買い取りをしてもらうためには一般的に自分でお店までバイクを持っていくことになります。地域密着型のお店であればすぐに持っていくことができるので、特に面倒に感じることはないでしょう。しかし買取価格の面では最近注目されてきている買取専門店に比べて査定額は低くなる傾向にあります。そのため査定額をできるだけアップさせたい場合には買取専門店を選択した方がいい場合が多いと言えます。